1mouke.com [東京ウェブ制作] - サイト内を検索する  

大和賢一郎の最新刊
2016年11月29日(火)
全国の書店にて発売
エンジニアがフリーランスで
年収1000万円になるための稼ぎ方
技術評論社
Facebookページで最新情報をゲット
amazonで購入する
大和賢一郎オフィシャルサイト

用語解説  用語辞典さくいん
サイト内検索  [ さいとないけんさく ]

自分のサイト(ドメイン)内のみを検索対象とした検索機能のことを「サイト内検索」と呼ぶ。Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンは、インターネット上にある全てのページを検索対象としているが、それだと範囲が広すぎて思い通りの検索結果が得られないケースがある。その場合は、特定のサイト内(ドメインの範囲内)のみを検索対象とした「サイト内検索機能」が搭載されているほうが望ましい。たとえば、amazonで買い物をするとき、商品名をamazonの検索機能で探すが、それは「amazonのサイト内に限定した検索機能」なので「サイト内検索」である。サイト内検索機能を実装する方法としては、自分でcgiなどのプログラムを書くことも可能であるし、またはサイト内検索機能を提供する各種プログラム(大手検索エンジン会社が提供している場合もあるし、レンタルサーバー会社やASPが提供している場合もある)を使わせてもらう方法もある。なお、サイト内検索を有効に使うためには、まずサイト自体の規模(情報量)を大きくすることが前提である。情報が少ないままでサイト内検索機能を搭載しても、検索結果に表示される情報が少なすぎて、利用者はメリットが得られない。よって、サイトの規模が小さいうちは、サイト内検索機能よりも、ナビゲーションやサイトマップを充実させることが大切である。



■関連リンク